創建774年 融通の神白崎八幡宮公式オンライン山口県岩国市にある弘中三河守所縁の神社

カードケース型持ち塩守り 懐中塩入れ 【緑】 京都にて縫製  神社で祈願済み
カードケース型持ち塩守り 懐中塩入れ 【緑】 京都にて縫製  神社で祈願済み

カードケース型持ち塩守り 懐中塩入れ 【緑】 京都にて縫製  神社で祈願済み

1,300(非課税)

個数

13pt

レビューはまだありません

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません

授与品紹介


こちらのお守りは、「御神塩」を半紙などの白い紙に包んで中に入れてお持ちいただくことで、邪気や悪縁から身を守る「持ち塩守り」としての機能を持ちます。
塩の浄化力を活かし、外部からのネガティブなエネルギーや邪気を吸収し、身を守ってくれます。
上着の内ポケットにも収まるカードケース型なので、クレジットカードや免許証などのカード類を入れていつでも身近にお持ちいただけます。


『開運』とは、自分の運を開いていくことです。
今、自分が持っている己(おのれ)自身の価値に気づき、更に懸命に磨いていくことで現れる成果のことを言います。

神社で祈願済み
鎌倉時代(1250年)より続く岩国鎮座の神社、白崎八幡宮の大神様のご神徳(ご利益)をお守りに入魂して、願いがスムーズに叶いますように祈願しています。

白崎八幡宮が頒布いたしますお守りは願主様の思いにあわせて奉製しております。
神さまと願主様との仲取り持ちとして、願い事が速やかに叶いますように、神職が大神様のご神徳を入魂祈願しております。
境内末社の猿田彦神社に鎮座する「みちびきの神さま猿田彦大神」及び、劔神社に鎮座する「勝利の神さま武甕槌大神」のご神徳をお頒ちし、神職が神様と願主様の仲取り持ちとして開運招福祈願をご奉仕しております。
 

※画像はイメージです。実際の授与品とは仕様が一部異なる場合がございます。